日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

ばんえい競馬通信 第18号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第18号の配信であります。

よいよ明日12月24日に迫って参りました、3歳三冠最終戦第46回ばんえいダービーのお時間です。
有馬記念なんて買って場合ではないと言いたいところですが、
ばんえいダービーがスタートする頃にはキタサンブラックが逃げ切って
いれば俺は嬉しいなぁ(笑)

それでは日本一遅く開催されるダービー出走馬をランキング順に私のコメントを加えてご紹介いたしたいと思いますが、今回は調子落ちやら怪我明けやらの馬が多くて大混戦なので、各馬のマイナスポイントを中心に進めて
行きます。

1位 ホクショウムゲン 相変わらずの今季未勝利の16戦全敗·······
   救いは常に高負担重量で走っており730kgも大丈夫な事だけか
   しかし三歳の頂点に立つ重賞2勝馬なので一発も

2位 コウシュハサマー どうも完全に不調のサイクルに乗ったか
   負担重量710kgは厳しく大敗する事は無いと思うがゴール前で
   脚バッタリか
   
3位 ナカゼンガキタ オークス制覇以降一度も出走していない
   順調ではないのかも?700kg以上未経験なのもマイナスか。
   馬体重が1t切なら消しだね

4位 ミノルシャープ 負担重量730kgは問題無いにしても、前走大敗が
   非常に気になる。馬場水分増えて欲しいところだが今回厳しいか
   ガツンと体重増えて欲しいところ

5位 カネサスペシャル 怪しい腹黒馬だが前走12月9日に左内転筋損傷
   にて取消しの影響はどうなのか?忘れた頃に走る怖い馬

6位 メジロゴーリキ 前走勝つもタイムが悪過ぎで当日の8R9R11Rに
   当てはめると8着5着8着に相当。第二障害までの逃げの切れが最近悪いのは
   太めだからか?いくらばん馬といっても1200kgは太めだろ。
   730kgでは逃げ切れない。10kg程絞ってきたら買いか

8位 ジェイワン 元祖牡馬ビック4の一角。ようやく復調した様子
   しかし初の730kgで前走より50kg増厳しいか。
   ただ今回の出走馬の中では一番調子良いのでは

9位 シンエイボブ まずまずの調子かと思うが、この馬も前走の負けっぷりがマイナス。
   寒い時期はあまり成績が良くないのでもしかして
   冬が苦手な馬なのかも。

10位ウンカイタイショウ 牡馬なのに小柄な馬で調子も悪そうなので
   今回の730kgは厳しく無印か

11位マツカゼウンカイ 前走謎の一番人気で最下位の大敗。ただ730kg
   はこなせそうなので3着までか


さぁ皆さんはどう予想致しますか?
私は基本的に買い目は少数ですが今回は難し過ぎるので、3連単12点勝負。
このばんえい通信はホクショウムゲンからスタートしたので、今回は敬意を
払って軸指定。まあそれだけの理由じゃなくて、怪我やら調子落ちが
多いからホクショウムゲンで充分に勝負になるとの結論である。
相手はジェイワン、ナカゼンガキタ、ゴーリキ、ボブの12点かな。
ゴーリキは馬体重10kg以上の減っていなかったら買わない。
代わりの馬は明日決めるとしよう。
勝負じゃ~。

今回はまともな予想じゃないから、俺は買わないけど違う目線の話しも一つ

ばんえい菊花賞の時も書いたけど、このダービーも12年も牝馬が勝っていないのである。過去は6頭が栄光を掴んでいるし、2002~2005は牝馬が4連勝
している。今回は牝馬ビックリ3は元気に揃って出走。
チャンスはあるよね。

メジロゴーリキのお話
は三歳になってコウシュハサマーに惚れた様子でいつも近い順位で
側にいて大体負けているけどワンツーも多い
今回隣枠なのでニコニコとコウシュハサマーのお尻を追っかけて
走るでしょう。
なのでコウシュハサマーから勝負するなら二着はゴーリキなので馬単一点

しかし何故ゴールドインパクトは出ない?
絶好調なのに重賞には出てこず、裏街道でコツコツと賞金を稼いでいる。
まぁ中央競馬でもいるよなぁこんな馬。
ホクショウムゲンに鈴木騎手が乗るからなのか?
お手馬が被るとホクショウムゲンには長澤騎手が乗るけど、ダービーでは
メジロゴーリキに乗るからムゲンには乗れない・・・これはわかる。
だったら最初の頃の渡来騎手に乗せれば良いのに、ランキングは7位なので
余裕でダービーには出走できるのに。
鈴木騎手はホクショウムゲン充分勝てるからゴールドインパクトには
出て来て欲しく無いのか?

まぁそんなこんなで激戦の戦国ダービーなので、私は有馬記念よりも
楽しみなのである。
皆さんの御健闘を祈る。



スポンサーサイト
  1. 2017/12/23(土) 19:24:43|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0

ばんえい競馬通信 第17号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第17号の配信であります。

よいよ明日12月3日に迫って参りました、3歳牝馬の女王決定戦
第42回ばんえいオークスの日です。
出走馬は単純ランキング上位10頭が出られるワケですが、今年はランキング8位のコウシュハノユメが出走いたしませんので、ランキング11位の
ライデンメルティまでが出走権を獲得。
それでは出走馬をランキング順に私のコメントを加えてご紹介

1位 コウシュハサマー 今期26戦11勝2着3回3着4回 菊花賞
  3歳牝馬の女王コウシュハサマーってか菊花賞も制覇したんで
  もはや女帝かも(笑)
  只ちょっとピークを過ぎて少し調子落ちな様子も

2位 ナカゼンガキタ 今期30戦8勝2着8回3着5回 菊花賞2着
  相変わらず絶好調キープだが馬体重を1tに戻せるかがカギか
  女帝とは差は全くないので重賞初制覇も

3位 シンエイボブ 今期30戦10勝2着7回 菊花賞5着
  菊花賞後もナカゼンガキタや680kgを曳いてメジロゴーリキなどと
  渡り合って絶好調キープ、今回の670kgは有利か

4位 キタノサカエヒメ 今期32戦5勝2着5回3着5回
  安定性があって掲示板は外さないのだが4着5着が多い馬
  620kgまででしか勝てていないので微妙

5位 フェアリースズ 今期31戦9勝2着2回3着4回
  今期絶好調キープ、第二障害後のスピード抜群で勝つ可能性もある
  穴馬はこれか。

6位 メヂカラ 今期36戦8勝2着4回3着6回
  馬体だけは立派ではあるけれど、本格化はまだ先か

7位 サカノイサムヒメ 今期35戦4勝2着6回3着7回
  いつも勝ち切れないがどんな天候、負担重量でもあまりタイムが
  変わらずに走って来る珍しい馬。
  馬体は非常に小さいのにパワー満点な馬、複勝狙いか

8位 コウシュハノユメ 今期18戦7勝2着3回3着5回
  ばんえいオークス不出走

9位 サクラニシキヒメ 今期26戦5勝2着4回3着1回
  9月以降好調ではあるがパワー不足で負担重量670kgは無理かと

10位 マツノビューテイ 今期24戦3勝2着2回3着2回
  もうこのあたりのランキングになると何でオークスに出られるのか
  分からない、ばんえい人材不足ならぬ馬材不足浮き彫り
  馬体が大きい事くらいしか褒められない馬ですマツノビューテイ

11位
  ライデンメルティ 今期27戦3勝2着2回3着6回
  負担重量600kgでしか勝った事無く670kg無理です
  目指せ完走

そんな10頭が出走致します第42回ばんえいオークスです
皆様はどんな予想をたてますか?
私の予想はどんなに頭を捻ってもコウシュハサマー、ナカゼンガキタ
シンエイボブで決まりなんです。
と言うのもまずは8月の3歳4歳の混合重賞であるはまなす賞で4歳世代
最強馬マルミゴウカイに負担重量差が大きいとは言えコウシュハサマーが勝っている事。

次にばんえい菊花賞で牝馬のコウシュハサマーとナカゼンガキタだが
ワンツーフィニッシュ、シンエイボブが5着を確保した事。
これら3頭にランキング4位以下の馬が勝つ言う事は、その勝った
馬はマルミゴウカイやミノルシャープ、メジロゴーリキに先着出来ると
言う事になりますが、全く想像出来ない。
負けるとすればばんえいお得意のヤリヤラズが考えられるが、
コウシュハサマー、ナカゼンガキタの騎手はガチ勢の西コンビだから
安心なのであるが、ただ一つナカゼンガキタの西将太騎手は第二障害が
下手くそなんでやらかす可能性は多いに有りうる(笑)
それと上位3頭で星の廻し合は有りうるな。
なので今回は3頭の3連複とシンエイボブ頭で三連単を2点買います。
シンエイボブ頑張れ!!

穴馬党には逆転できる可能性を10%位持ってる馬は
フェアリースズのみだ。
一気の差し切り勝ちが観られるでしょう。
私もフェアリースズから馬単総流ししようかな(笑)
後はサカノイサムヒメの複勝でも買って下さいな。
フェアリースズとサカノイサムヒメのワイドも有りかと

さてと皆様のご健闘をお祈り致します。



  1. 2017/12/02(土) 20:00:03|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ばんえい競馬通信第16号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第16号の配信であります。

よいよ二日後の11月5日に迫って参りました、3歳三冠路線第2弾
第42回ばんえい菊花賞の日です。

第1弾の第42回ばんえい大賞典は強いのか弱いのか分からん怪しい馬の
カネサスペシャルが圧勝。
俺のお勧めメジロゴーリキが二着、ミノルシャープが四着、絶好調の
コウシュハサマーが三着と馬券は惜しくもハズレ。
世代最強ホクショウムゲンは・・・・・6着

続いて8月27日に行われた一つ年上との3、4歳の混合重賞第29回はまなす賞
まさか4歳世代最強のマルミゴウカイに3歳世代が勝つとはびっくり。
ミノルシャープが一着、コウシュハサマーが二着のワンツー勝利。
たしかに負担重量に大きな差があるとは言え大差で勝つとはね。
やはりこのホクショウムゲン世代は最強世代かもね。
その後の古馬との混合レース勝ちまくりだもんね。

ばんえい競馬通信15号から三ヶ月経っての世代ランキングをどうぞ
世代のビック4のホクショウムゲン、ジェイワン、ゴールデンフウジン、
ゴールドインパクトはどうなったでしょうか

  1ホクショウムゲン なんとか首位キープも只今11連敗中 前走3位で復調          の兆しも少し
  2ミノルシャープ  今期12戦9勝2着1回絶好調キープ 首位奪取まであ           と90万程 ランキング3位→2位
  3カネサスペシャル 今期18戦4勝2着1回と勝率悪いのだが、要所要所で走          るのがタチが悪い ランキング12位→3位と急上昇
  4コウシュハサマー 今期16戦7勝2着3回3着2回絶好調キープ 古馬混合           レースでもお構いなしに勝重ねる世代牝馬の女王
  5ジェイワン    ビック4の1頭  今期僅か1勝で670kg以上背負うとも          う無理っぽい 
  6メジロゴーリキ  世代No1の怪力馬でしかも逃げ馬 高重量背負っても          ビクともしない ランキング11位→6位
  7ゴールドインパクトビック4の1頭 只今4連勝中の好調キープ 第二障害          後の差し足強烈
  8ウンカイタイショウ今期16戦6勝2着6回3着2回安定性No1で最近は高負担          重量も克服している
  9シンエイボブ   今期既に10勝と古馬混合レースも勝ちまくりの牝馬
         No2ビックタイトル欲しいとこ ランキング19位→9位
10ナカゼンガキタ  今期21戦6勝2着4回3着4回ランキングもトップ10入り
          前走初の体重1t超えで充実中
11センショウニシキ デビューからずっとそこそこをキープも今一つ切れが          ないのが残念
12マツカゼウンカイ 今期絶好調で10勝あげ上昇ムード、菊花賞ではどうだ          ろうか?
13ヤマトジャパン  今期25戦10勝2着7回3着1回好調をキープして順位を          後三つ上げると12月のダービーに出走出来そう
14ゴールデンフウジンビック4の1頭  ナナカマド賞のチャンピオンも今期未          出走 復活はあるのかランキング8位→14位
15キタノサカエヒメ ランキング圏外から15位へ上昇 
16ココロノタカラ  ランキング圏外から16位へ上昇
17ノエルブラン   密かに期待している1頭 今期7勝上積みするもランキ          ング16位→17位一つダウン
18フェアリースズ  今期9勝を上積み牝馬No5の地位へ 12月のばんえい        オークスでは目が離せない存在に ランキング圏外→18位
19ゴロウマル    今期25戦5賞2着4回3着4回ランキング圏外→19位
20 ミンナノマルゼン 今期25戦6勝2着3回3着4回ランキング圏外→20位

尚世代トップ牝馬の黒ユリ賞チャンピオン キタノミサキ号は抹消

さてここからが本題の第42回ばんえい菊花賞へ
出走予定馬          負担重量
ホクショウムゲン       720kg
ミノルシャープ        720kg
カネサスペシャル       710kg
コウシュハサマー 牝     680kg
メジロゴーリキ        700kg
ウンカイタイショウ      700kg
シンエイボブ 牝       680kg
ナカゼンガキタ 牝      700kg
センショウニシキ       700kg
マツカゼウンカイ       700kg
どうでしょう皆様の予想は?
本来ならば牝馬は用無しで良いのですけど、不思議とこの菊花賞は
四年に一回は牝馬が勝ちます。
しかし最近四年は牝馬が勝っていません。
しかも今年は出走牝馬はコウシュハサマー、シンエイボブ、ナカゼンガキタ
の超強力な3頭なのであるからして今年は怪しい。
よって3連単コウシュハサマーからのメジロゴーリキ、ウンカイタイショウ
ミノルシャープで6点勝負

それかホクショウムゲンの復活劇が観たい希望を入れてホクショウムゲンとメジロゴーリキ、ミノルシャープの3連単2点勝負だぁ

いや待てよ、コウシュハサマーからの馬単総流しってのもアリだなぁ(笑)
ぎりぎりまで考える事に致します。
皆様の御健闘を祈る!!

しかし何故ゴールドインパクトは出ないのだ?




  1. 2017/11/03(金) 19:31:26|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ばんえい競馬通信第15号 「ばんえい大賞典」

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第15号の配信であります。

よいよい明日になりました
ばんえい競馬3歳三冠戦線第1弾「第42回ばんえい大賞典」
JRAで言うところの皐月賞でありますな。

ばんえい競馬3歳三冠路線はどんな感じかと簡単に説明すると
まず明日が第1弾のばんえい大賞典で、11月5日にばんえい菊花賞
12月24日にばんえいダービーが開催されます。
ちょっとJRAとは順序が違うけどね。
上記に加えて3歳牝馬限定で12月3日にばんえいオークスがあります。

さて先ずは本年度開催してから3歳のランキングはどう変わった?

2017年度4月現在の3歳馬ランキング
  1 ホクショウムゲン      19戦11勝2着0回3着2回 前回1位→
  2 ジェイワン         25戦   7勝2着9回3着3回   2位→
  3 ミノルシャープ    35戦12勝2着6回3着2回    10位↑
  4 コウシュハサマー 牝    32戦12勝2着4回3着3回          7位↑
  5 キタノミサキ 牝         23戦   4勝2着2回3着1回           3位↓
  6 ゴールドインパクト     28戦   9勝2着5回3着9回          5位↓
  7 ウンカイタイショウ     28戦12勝2着3回3着4回           6位↓
  8 ゴールデンフウジン 21戦   4勝2着3回3着1回           4位↓
  9 センショウニシキ         36戦   6勝2着6回3着2回           8位↓
10 マツカゼウンカイ         34戦10勝2着3回3着5回     圏外↑
11 メジロゴーリキ             31戦  7勝2着9回3着5回        12位↑
12 カネサスペシャル         34戦  6勝2着3回3着4回          9位↓
13 ナカゼンガキタ 牝        36戦  6勝2着10回3着6回     11位↓
14 ホクショウゼウス         37戦  8勝2着1回3着6回        15位↑
15 トモエハイセイコー    36戦  8勝2着6回3着6回        17位↑
16 ノエルブラン                  36戦  9勝2着10回3着4回      圏外↑
17 メヂカラ 牝                      38戦 7勝2着3回3着5回         18位↑
18ヤマトジャパン              35戦  8勝2着6回3着5回         圏外↑
19 シンエイボブ 牝            33戦  8勝2着5回3着1回        20位↑
20 コウシュハノユメ 牝   36戦   7勝2着3回3着5回       16位↓

ってな7月29日現在のランキングです
TOP10の顔ぶれはそんなに変わらないものの、ホクショウムゲン、
ジェイワンが今期未勝利でなんとか去年の貯金で1位2位を守って
いるものの非常に厳しい状況です。
しかもホクショウムゲンは通算勝利数でもミノルシャープ、
コウシュハサマー、ウンカイタイショウが12勝と抜かれるていたらくぶり。

特筆すべきは今期絶好調のミノルシャープとコウシュハサマー
そして16位に入ってきたノエルブランではないでしょうか
ミノルシャープとコウシュハサマーは共に現在5連勝中ですし
ノエルブランは今期14戦して4着以下はなんとゼロ。
さてとこのランキングを踏まえての明日のばんえい大賞典の出走馬を
見てみましょう
1センショウニシキ       670kg
2カネサスペシャル       670kg
3ウンカイタイショウ  680kg
4メジロゴーリキ           670kg
5マツカゼウンカイ      670kg
6コウシュハサマー      660kg
7ホクショウムゲン      700kg
8ミノルシャープ           680kg
以上全8頭と少し寂しい顔ぶれ。
ランキング上位の欠場馬は2位ジェイワン5位キタノミサキ
6位ゴールドインパクト8位ゴールデンフウジンが出ないのだ。
キタノミサキとゴールデンフウジンは今期一度も出走していないし
ジェイワンとゴールドインパクトは帯広の猛暑にでもやられたか?

皆さん予想はどうします?
只今絶好調で今期645kgでも勝利しているミノルシャープは三着までは
くるとして、問題はホクショウムゲンだよなぁ~本当に調子が悪いのか?
今期は常に640kg以上背負わせれてるからなのか?
これ以上勝つと獲得賞金が400万円を超えてオープンに組み込まれ、
ここでの負担重量が更に増すのを嫌って遊んでいただけなのか?
う~ん悩むなぁ~
よし行くぜ3連単
一着ホクショウムゲン固定
ミノルシャープ、メジロゴーリキで行くぜ!!
と思ったがやっぱりやめよう
一着メジロゴーリキ二着ミノルシャープからの総流しにしよう(笑)
4-8-1,2,3,5,6,7ので勝負じゃ・・・・多分ハズれるなきっと。







  1. 2017/07/29(土) 01:46:06|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばんえい競馬通信第14号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第14号の配信であります。

2016年度も3月末で終了
って事なのでばんえい2歳馬戦線を総括してみましょう。

このばんえい競馬通信はホクショウムゲン世代だが、ばんえい記念を
制するまでの長い道のりを綴って行くものであるので、
先ずはホクショウムゲンの事を書いていきましょう。
20170413190004896.jpg

デビュー前より注目していて、ばんえい競馬には絶対は無いが
ホクショウムゲンには絶対はあると、俺は豪語していましたが
結果はどうなった・・・・・・やっぱ絶対は無かった・・・・・すまん。
しかししかし15戦11勝3着2回着外2回の成績で
惜しくも3冠馬にはなれなかったものの
ヤングチャンピオンシップとイレネー記念の2冠をゲット
見事に2歳馬の頂点に君臨したのである。
獲得賞金額だけで言えば古馬も含めてもホクショウムゲンより
稼いでいる馬はたったの10頭しかおらず、ランキング11位なのだから
賞金上は後2年後にはばんえい記念には出走は確定してる様なもんだ。
ただし全く通用はしないだろうけどね(笑)

春先から激闘を繰り返していた他の牡馬ビッグ4はどうなった?
ジェイワンは重賞未勝利ながらも19戦7勝2着8回3着2回と地道に
賞金を稼ぎランキング2位、しかし勝ち切れないの何故なんだ。

ゴールデンフウジンは三冠路線の第一弾のナナカマド賞を勝ったまでは
良かったけれど、その後は絶不調から抜け出せないまま2歳時終了。
21戦4勝2着3回3着1回まぁそれでも牡馬ランキング3位

ゴールドインパクトは秋から3月のイレネー記念まで絶好調で
覇権を握る勢いだったのであるが、イレネー記念は3着。
流石は複勝王子渡来君が騎乗しているだけの事はある(笑)
23戦7勝2着4回3着9回まあまあ賞金稼いで牡馬ランキング4位

とまぁ春先のビッグ4は1年終えてもビッグ4のままであった。

一方牝馬はと言いますと、牝馬No1決定戦黒ゆり賞を制したのは
まさかのノーマーク馬キタノミサキが頂点に立ちました。
う~ん、この馬ホントに強いのかちょっと疑問。
でも牝馬ビッグ3のナカゼンガキタ コウシュハサマー シンエイボブを
蹴散らして女王の地位に就いたのであった。
23戦4勝2着3回3着1回
ビッグ3の巻き返しが起こるのか?ニューフェイスが登場して来るか?

2017年度4月現在の3歳馬ランキング
  1 ホクショウムゲン      15戦11勝2着0回3着2回
  2 ジェイワン         19戦7勝2着8回3着2回
  3 キタノミサキ 牝         23戦4勝2着2回3着1回
  4 ゴールデンフウジン 21戦4勝2着3回3着1回
  5 ゴールドインパクト     23戦7勝2着4回3着9回
  6 ウンカイタイショウ     21戦8勝2着1回3着3回
  7 コウシュハサマー 牝    23戦6勝2着3回3着3回
  8 センショウニシキ          26戦4勝2着4回3着2回
  9 カネサスペシャル          22戦4勝2着2回3着4回
10 ミノルシャープ              27戦5勝2着5回3着2回
11 ナカゼンガキタ 牝         25戦4勝2着8回3着5回
12 メジロゴーリキ              19戦4勝2着5回3着2回
13 キタノサカエヒメ 牝     24戦3勝2着3回3着4回
14 サカノバツグン              13戦6勝2着3回3着2回
15 ホクショウゼウス          23戦5勝2着1回3着1回
16 コウシュハノユメ 牝     25戦5勝2着2回3着2回
17 トモエハイセイコー      22戦5勝2着1回3着3回
18 メヂカラ 牝                       25戦4勝2着1回3着5回
19 ヘーリオス                        26戦3勝2着8回3着4回
20 シンエイボブ 牝              25戦4勝2着2回3着1回

3月20日に久しぶりにばんえい記念を生で観たくて帯広競馬場に
足を運んでみました。
それはそれは熱くて激しいレースで、オレノココロが制しました。
でも今後を占う上でもちょっとビックリすることが、その前の8Rで
起きていました。
2歳馬のオープン戦でホクショウムゲンを除いた上記のトップホースが
出走したレースでした。
パドックで見ていると、強いと思っていたゴールドインパクトが随分と
華奢で骨自体が細い感じでちょっと意外。
ゴールデンフウジンもジェイワンも普通の2歳挽馬って感じ。
まぁ~まだまだ子供馬ってかんじかなぁ~体はデカイけど、まだ
身が詰まってないとでも言いましょうか。
しかしパドックで見たメジロゴーリキの馬体のド迫力。
もの凄い馬体、まるで北斗の拳に出てくる黒王そのものに見える。
ホクショウムゲンをまだ生で見ていないけど、この世代で最初に
ばんえい記念に到達するのはこの馬なのかも知れない。
後で調べるとこの日にばんえい記念出走馬で、このメジロゴーリキより
小さい馬が4馬も居たのだから、更にびっくり。
今は3歳馬ランキング12位ですが急上昇するでしょう。
覚えておいてくれたまえメジロゴーリキを↓↓↓
20170414185829451.jpg


ホクショウムゲン世代は200頭程デビューしまして、3歳に進級出来たのが
137頭なので70頭程がさようなら・・・・厳しい世界だなぁ
今回のばんえい記念を制したオレノココロは7歳で、
この世代は何頭生き残っているのかと調べてみると、40頭が登録されて
いるね。
ホクショウムゲン世代が7歳になるまでに後90頭程がさようなら
ホントに厳しい世界なのである。
さぁさぁ3歳三冠戦線に向けての激闘が4月22日よりスタート
目が離せません。



オマケ

2歳馬の能力試験が始まりました。
先に書いた様にこのばんえい競馬通信ではホクショウムゲン世代を
とことん追いかけるので、特に新2歳馬を追いかけはしないけど
中央競馬ではサトノ軍団が覚醒したように、ばんえい競馬では
ホクショウ軍団が覚醒した模様。
ホクショウディープ→ホクショウムゲンと来て、新2歳馬の大物
その名もホクショウテンカ。
去年の能力試験でホクショウムゲンが叩き出した脅威の1分12秒
それと全く同じタイムを叩き出しました。
その名が示す通り天下を取れるのでしょうか?
しばらくはホクショウ軍団から目が離せませんな。





  1. 2017/04/14(金) 19:02:43|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (60)
おすすめCD (2)
芸能 (51)
プロレス (46)
ライジングサンロックフェス (17)
ロックな酒ボトル (9)
ばんえい競馬通信 (18)
バンド (281)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
a flood of circle (1)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
500.000.000YEN (2)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
ドミコ (3)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (5)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (14)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (1)
バンドハラスメント (2)
BAND-MAID (1)
VAMPS (5)
ピギーバンクス (2)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (9)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (8)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (13)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (7)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR