FC2ブログ

日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

ばんえい競馬通信 第23号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第23号の配信であります。

さてよいよ明日に迫って参りました。
熱き若駒の世代間競争の最終戦「第40回ポプラ賞」
夏ぬに行われるはまなす賞と同じく3歳4歳の混合重賞である。
このレースを終えると当ブログで成長を書き綴ってきた、
ホクショウムゲン世代は、ついに最終目標である「ばんえい記念」に
向かって大人の階段を上って行くのである。
この世代をホクショウムゲン世代と呼ぶのは少々無理があるけど
彼が現役の間は呼び続けるつもりです。

さてはポプラ賞の出走馬を見て見ましょう。
1 メジロゴーリキ 4歳
2 ミスタカシマ 3歳
3 コウシュハレガシィー 3歳
4 ゴールデンフウジン 4歳
5 キタノユウジロウ 3歳
6 アアモンドグンシン 3歳
7 ミノルシャープ 4歳
8 オレワチャンピオン 3歳
9 カネサスペシャル 4歳
10 マツガゼウンカイ  4歳
世代代表5頭VS5頭のガチンコ勝負

このホクショウムゲン世代の混合重賞の過去三回の実績は
二勝一敗で一つ上のマルミゴーカイにやられたのは仕方がないが
夏のはまなす賞で今回も出走しているミスタカシマに二着に
来られたのは頂けない。

しかし~今回は大丈夫。
4歳勢はほぼ全馬が前走より負担重量が減
3歳勢はほぼ全馬が前走より負担重量が増
でもっての800kg弱の高重量戦なので3歳勢の出番は無し。
なにせ世代トップのメジロゴーリキが絶好調でゴールデンフウジンの
調子も良い。
なのでここは点数絞っての三連単勝負事
ゴーリキ→フウジン→マツガゼウンカイ
ゴーリキ→フウジン→カネサス
ゴーリキ→マツガゼ→フウジン
ゴーリキ→フウジン→グンシン
ゴーリキ→マツガゼ→グンシン
明日はムゲン世代の卒業式だ。
古馬の世界へ羽ばたいて行けぇ~

皆様のご健闘を祈る。



スポンサーサイト
  1. 2019/03/08(金) 16:54:39|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばんえい競馬通信 第22号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第22号の配信であります。

よいよ明日11月11日に迫って参りました、4歳牝馬の女王決定戦
第43回クインカップの日です。
世代別牝馬の重賞三冠レースの最後の勝負。
2歳黒ユリ賞はキタノミサキ(引退)
3歳ばんえいオークスはナカゼンガキタ
この牝馬三冠レース全てに出走する予定なのは、たった3頭。
黒ユリ賞二着オークス三着のキタノサカエヒメ
黒ユリ賞競争中止オークス二着のシンエイボブ
黒ユリ賞三着オークス五着のメヂカラ
この三頭はばんえいデビューからずっと安定して成績を残してきた
馬とも言えるのであろう。

出走馬は単純ランキング上位10頭が出られるワケですが、今年はランキング1位のコウシュハサマー、2位のナカゼンガキタが出走いたしませんので、四歳牝馬ランキング11位のサクラニシキヒメまでが出走予定です。
しかし世代別牝馬重賞にトップ2が出走しないのは非常に寂しい。

それでは出走予定馬9頭をランキング順に紹介
シンエイボブ 牝馬ビック3最後の砦
サマー、ナカゼンの居ないここは初重賞のビックチャンスか

フェアリースズ 四歳になってからは1番成長した馬
古馬との混合レースもモリモリ制覇、勢いそのまま制覇できるか

メヂカラ 三冠全て出走、オークス五着からの巻き返しあるか
ただ負担670kg超えると全く走らない、今回の690kgは

キタノサカエヒメ 今年1月からの大スランプからようやく抜け出し
只今絶好調、勝ちきれない馬だが重賞での実績あり

サカノイサムヒメ 現在調子は良いようだが負担重量690kgはかなり
マイナス

イズミクィーン 名牝フクイズミと天下のカネサブラックの娘
デビュー時から大注目されていたが、成績は連勝したり失格やら競争中止
だったり大惨敗したり圧勝したりなジェットコースター

マツノビューティー、ライデンメルティー、サクラニシキヒメ
多分三着には来ません(笑)

ってなわけで今回はシンエイボブが圧勝するでしょう
なので3連単勝負
シンエイボブからのフェアリースズからのキタノサカエヒメ
シンエイボブからのキタノサカエヒメからのフェアリースズ
シンエイボブからのフェアリースズからのイズミクィーン

皆様のご検討を祈る


  1. 2018/11/10(土) 13:03:59|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0

ばんえい通信 第21号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第21号の配信であります。

よいよ明日9月23日に迫って参りました、4歳三冠戦第2弾銀河賞の
お時間です。
四歳馬ランキング上位10頭の出走ですが、今回ははランキング4位の
我らがホクショウムゲンと9位の女王コウシュハサマーが出走いたしませんので、ランキング11位の牝馬No3シンエイボブとランキング12の
ノエルブランが出走します。
しかしホクショウムゲン大丈夫か?登録抹消の足音がヒタヒタと
聞こえて来る気が致します。

2歳時から続く三冠路線の8冠目でありますが、2つ獲得しているのが
ホクショウムゲンだけの混戦状態。
ランキングも大混戦で、ここを勝てばランキング8位のゴールデンフウジン
までが世代トップに立てる大チャンスなのである。

では出走馬をランキング順に紹介
マツカゼウンカイ  はまなす賞
ミノルシャープ   はまなす賞
メジロゴーリキ   ばんえいガラダービー
ジェイワン     柏林賞
ウンカイタウショウ 
カネサスペシャル  ばんえい大賞典
ゴールデンフウジン ナナカマド賞
ナカゼンガキタ   ばんえいオークス
シンエイボブ
ノエルブラン

最近絶不調の私が何を言っても説得力無いし、自信も無いので
今回はまともに予想致しません。
裏読み予想していきましょう。
ばんえい仲間とよく話すばんえい村社会の持ち回り制度。
この世代は重賞を持ち回りしているのではないか疑惑
となるとまだお鉢が回って来ていないのは
ランキング7位のウンカイタウショウ10位シンエイボブ
11位ノエルブランの三頭である。
さすがにノエルブランは無いから消しで良いとして
ウンカイかボブだな今回は。
ウンカイだと心路ジョッキが初重賞だなぁ
ボブは軽ハンデが怖いなぁ
最近心路が妙に大人しくしているのは、ここを勝たして貰えるから
とみてウンカイタウショウ勝負でいきます。
馬単ノエルブラン、ナカゼン以外に総流しで勝負じゃ

皆様の御健闘を祈る




  1. 2018/09/22(土) 16:53:31|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0

ばんえい競馬通信 第20号


ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第20号の配信であります。

ばんえい競馬が4月に開幕いたしまして早二ヶ月が過ぎました。
明後日7月1日には4歳三冠路線の第1弾の柏林賞が行われます。
ここで4歳世代ホクショウムゲン世代をおさらい致しましょう。

2016年にデビューしたこのホクショウムゲン世代
2歳時の三冠路線プラス牝馬重賞の勝利馬
ナナカマド賞       ゴールデンフウジン 2着ジェイワン
ヤングチャンピオンシップ ホクショウムゲン  2着カネサスペシャル
イレネー記念       ホクショウムゲン  2着ジェイワン
黒ユリ賞         キタノミサキ    2着キタノサカエヒメ
2歳時のビッグ4はホクショウムゲン、ジェイワン、ゴールドインパクト
ゴールデンフウジン
この世代は200頭程デビューし3歳に進級出来たのが137頭
70頭が脱落。

3歳時の三冠路線プラス牝馬重賞
ばんえい大賞典      カネサスペシャル  2着メジロゴーリキ
ばんえい菊花賞      コウシュハサマー  2着ナカゼンガキタ
ばんえいダービー     メジロゴーリキ   2着マツカゼウンカイ
ばんえいオークス     ナカゼンガキタ   2着シンエイボブ
3歳時のビッグ4はメジロゴーリキ、ミノルシャープ、コウシュハサマー
ナカゼンガキタ
3歳に進級した137頭は激戦を繰り広げ4歳に進級出来たのが84頭
50頭が脱落。

続きまして6月29日現在の4歳ランキング
 1位 ホクショウムゲン 43戦11- 0-3
 2位 メジロゴーリキ  57戦13-11-8
 3位 ミノルシャープ  52戦15- 7-4
 4位 コウシュハサマー 53戦14- 6-5
 5位 ウンカイタウショウ60戦21- 8-8
 6位 カネサスペシャル 56戦 9- 6-5
 7位 マツカゼウンカイ 68戦17-12-12
 8位 ナカゼンガキタ  62戦12-17-9
 9位 ジェイワン    45戦11-10-5
10位 ゴールデンフウジン39戦12- 5-3
11位 ゴールドインパクト42戦16- 5-9
12位 シンエイボブ   68戦15-13-2
13位 ココロノタカラ  74戦15-17-8
14位 センショウニシキ 65戦11-11-9
15位 ノエルブラン   80戦14-22-15
なんとかホクショウムゲンが世代トップの座を守っていますが

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致しました。
ばんえい競馬通信第20号の配信であります。

ばんえい競馬が4月に開幕いたしまして早二ヶ月が過ぎました。
明後日7月1日には4歳三冠路線の第1弾の柏林賞が行われます。
ここで4歳世代ホクショウムゲン世代をおさらい致しましょう。

2016年にデビューしたこのホクショウムゲン世代
2歳時の三冠路線プラス牝馬重賞の勝利馬
ナナカマド賞       ゴールデンフウジン 2着ジェイワン
ヤングチャンピオンシップ ホクショウムゲン  2着カネサスペシャル
イレネー記念       ホクショウムゲン  2着ジェイワン
黒ユリ賞         キタノミサキ    2着キタノサカエヒメ
2歳時のビッグ4はホクショウムゲン、ジェイワン、ゴールドインパクト
ゴールデンフウジン
この世代は200頭程デビューし3歳に進級出来たのが137頭
70頭が脱落。

3歳時の三冠路線プラス牝馬重賞
ばんえい大賞典      カネサスペシャル  2着メジロゴーリキ
ばんえい菊花賞      コウシュハサマー  2着ナカゼンガキタ
ばんえいダービー     メジロゴーリキ   2着マツカゼウンカイ
ばんえいオークス     ナカゼンガキタ   2着シンエイボブ
3歳時のビッグ4はメジロゴーリキ、ミノルシャープ、コウシュハサマー
ナカゼンガキタ
3歳に進級した137頭は激戦を繰り広げ4歳に進級出来たのが84頭
50頭が脱落。

続きまして6月29日現在の4歳ランキング
 1位 ホクショウムゲン 43戦11- 0-3
 2位 メジロゴーリキ  57戦13-11-8
 3位 ミノルシャープ  52戦15- 7-4
 4位 コウシュハサマー 53戦14- 6-5
 5位 ウンカイタウショウ60戦21- 8-8
 6位 カネサスペシャル 56戦 9- 6-5
 7位 マツカゼウンカイ 68戦17-12-12
 8位 ナカゼンガキタ  62戦12-17-9
 9位 ジェイワン    45戦11-10-5
10位 ゴールデンフウジン39戦12- 5-3
11位 ゴールドインパクト42戦16- 5-9
12位 シンエイボブ   68戦15-13-2
13位 ココロノタカラ  74戦15-17-8
14位 センショウニシキ 65戦11-11-9
15位 ノエルブラン   80戦14-22-15
なんとかホクショウムゲンが世代トップの座を守っていますが
ついに陥落いてしまうのか?
柏林賞の賞金は100万円なので、7位のマツカゼウンカイまでは
世代トップに立つチャンスがある。
ってな事を踏まえて本題の柏林賞にいってみましょう。
まずはコメントを入れながら出走馬の紹介

ホクショウムゲン 目下28連敗中だが前走復活の鬼脚を繰り出しての3着
しかし障害下手は全く解消されておらず。障害手前2,3mで待機するとか
思いきった作戦はないものか

メジロゴーリキ 一時の低迷から脱出しつつある。パワーは世代No1なのだから、いつのも様に逃げ戦法が決まれば1着も

ミノルシャープ 調子はキープしているが負担重量700kg辺りの成績が
今一つなのが気にかかる。

コウシュハサマー 負担重量は問題ないとみているが、ばんえい菊花賞以降
低迷しており今回は見送りか

ウンカイタウショウ 現在3連勝中で絶好調。負担重量も720kg辺りまで
問題なく、初重賞まで視界良好。

カネサスペシャル 相変わらず走ったり走らなかったりヤリヤラズ馬
人気薄なら怪しい・・・困った馬だ。

マツカゼウンカイ とにかく大崩れしないレース運び。三連系買う人は
消してはいけない馬。三着は外さないと思うし初重賞まである。

ナカゼンガキタ 調子は並みな感じだか軽馬場得意としており水分2%
前後ならハンデ差も活かして一発も。

ジェイワン 好調の期間が何故か非常に短いサイクルの馬なので、現在連勝中である程度人気しそうだが危険危険

ゴールデンフウジン 2歳イレネー記念以降世代重賞戦線には顔を出さず
裏街道で怒濤の追い込み決め捲り。現在絶好調だが700kgで追い込み決まるのか?世代最初の重賞の覇者復活の狼煙は上がるのか。

さぁ皆さんはどう予想いたしますか?
馬場水分1.5以下なら
私は逃げ粘るメジロゴーリキをウンカイタウショウが差してそこに
ゴールデンフウジンが突っ込んで来ると予想。
三連単 ウンカイ-ゴーリキ-フウジン
    ウンカイ-フウジン-ゴーリキ

水分1.6%以上ならば逃げ粘るメジロゴーリキを早めにナカゼンガキタが差しウンカイタウショウが差して遅れてゴールデンフウジンが突っ込んで来ると予想。
三連単 ナカゼン-ウンカイ-ゴーリキ
    ナカゼン-ゴーリキ-ウンカイ

  1. 2018/06/29(金) 15:49:11|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ばんえい競馬通信 第19号

ばんえい競馬普及委員会です。
ばんえい競馬ファンの皆様お待たせ致し ました。
ばんえい競馬通信第19号の配信であります。

やって参りました、11日は三歳最終重賞ポプラ賞です。
まぁ三歳重賞と言っても一つ上の世代との混合重賞では
あるけれれど。
まずは出走予定馬
三歳
カネサスペシャル
コウシュハサマー
ナカゼンガキタ
ミノルシャープ
メジロゴーリキ
四歳
タカラシップ
フウジンライデン
ブルーオーシャン
ホクショウディープ
マルミゴーカイ
果たして三歳勢は勝てるのか?
四歳勢は大将のマルミゴーカイやホクショウディープも
絶好調だからなぁ~実際無理だよなぁ~

しかし諦めちゃおしまいだ。
事実混合重賞第1彈のはまなす賞では、ミノルシャープ
コウシュハサマーでなんとマルミゴーカイを蹴散らして
1-2フィニッシュを決めているし。

では出走予定の三歳勢5頭の近状
コウシュハサマー
ばんえい菊花賞一着はまなす賞二着
前々走牝馬混合重賞ヒロインズカップにて
タイム差あるものの5着と一応牝馬一級線相手に
格好はつけている。
ただ混合戦は苦戦続きなので今回も厳しい

ナカゼンガキタ
ばんえいオークス制覇以降馬体重減り続けて
遂に980kgを割ってしまう。
前走古馬混合重賞チャンピオンカップも取消
実力を計る為にもオレノココロ、センゴクエース
キサラキクとの一戦が見たかった
体調がよくない様子。

カネサスペシャル
ばんえい大賞事典一着馬
相変わらず走るのか走らないのか
弱いのか強いのか判らない馬
前走745kgで惨敗しているが、三歳勢劣勢の
今回みたいな時には救ってくれる気も。

ミノルシャープ
三歳四歳混合重賞はまなす賞の覇者
しかしそれ以降の高重量戦に苦戦続きで
7連敗中、復活は春になると思う

メジロゴーリキ
ばんえいダービーの覇者
しかしダービー以降4連敗中であるが
前走も730kgでまずまずのタイムで走っていて
馬体重の変動も無く三歳勢ではやはり筆頭か

総括
やはり現時点では三歳勢の劣勢は否めない。
馬券の対象としては難しい。
見て楽しむレースだね。
まぁそれだけじゃつまらないから
カネサスペシャルの単勝とメジロゴーリキの複勝を
買って遊んでみる。





       
  1. 2018/03/09(金) 15:27:17|
  2. ばんえい競馬通信
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (60)
おすすめCD (2)
芸能 (54)
プロレス (46)
ライジングサンロックフェス (19)
ロックな酒ボトル (11)
ばんえい競馬通信 (23)
ジャンク図書館 (6)
バンド (289)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
a flood of circle (3)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
500.000.000YEN (3)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
ドミコ (3)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (5)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (16)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (1)
バンドハラスメント (2)
BAND-MAID (1)
VAMPS (5)
ピギーバンクス (2)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (10)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
Bentham (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (9)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (17)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (7)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR