FC2ブログ

日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

名曲100選No10 日本脳炎「MIDNIGHT SAVAGE」

勝手に名曲と言うか、埋もれた名曲達をほじくり返す名曲100選第10弾
爆裂ロックンロールの代表格 日本脳炎(THE BACILLUS BRAINS)のMIDNIGHT SAVAGE
このバンドは4年位前に解散してしまったのが残念だ。
さて彼らの楽曲の中でも、このMIDNIGHT SAVAGEは素晴らしい出来だ。
俺は思うに、どんなジャンルであれ多少なりともポップ感が無ければ
大衆には受け入れられないと。
ポップ過ぎても困るけど。
そう意味でこの曲はポップ感のバランスが素晴らしい。
しかもこの曲のPV製作者は何とあの奇才石井聡互監督なのだ。
邦楽ロックファンのマストアイテム的映画、「狂い咲きサンダーロード」
「バーストシティ」の監督である。
その監督が作ったPVだもの、悪いハズが無い。
楽曲とガッチリ組合わさっての最高なPVとなっているのであった。
ではご覧あれ。


オマケ
普段やれロックだパンクだと言っていても、実はデイズニーランド好きな俺。
で、お気に入りでたまに着ているパーカーが、パチ物扱いされてるのが悲しい。
20140423220635e53.jpg
可愛いと思いませんか?
確かにパチ物っぽいけど本物です。
続きを読む
  1. 2014/04/23(水) 22:08:19|
  2. 名曲100選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

名曲100選No9 SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER「LULLABY」

勝手に名曲と言うか、埋もれた名曲達をほじくり返す名曲100選第9弾
日暮愛葉が率いたSEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER
名前が長すぎる、因みにシーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハーと読む。
しかし仮名をふるとハーと書くけど、発音は違うよな。
まあ良いかそんな事は。
そんなSEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HERは2002年に解散してるが
何と今年の5月に復活するのだ。

公演日:2014年5月5日(月・祝)
会場:渋谷WWW
OPEN/START:17:00/18:00
AVD./DOOR:¥3,500/¥4,000(共にDrink代別) *来場者全員に特典付き
プレイガイド:e+/LAWSON(L CODE:79359)/ぴあ(P CODE:222-831)

観たいなぁ愛葉ちゃん。
で、今回お送りするのは日暮愛葉が心の奥に抱える
乙女な部分、鬱な部分、ドロッとした大人の女性の愛なんかを
上手くミックスして表現された、彼女の代表曲「LULLABY」をどうぞ


オマケ
俺はガラケーとスマホの2台持ち。
使用頻度は9:1位でガラケー、スマホは玩具みたいなモン。
昨日そのスマホを弄りながら、思ったんだけど
一体コイツは何種類の機器の集合体なんだろうと。
ここで言う機器とは、前はそれぞれ単体で存在していた機器の事。
思い付くまま書き出すと
家電話 カメラ ビデオ ラジオ テレビ 時計 電卓 懐中電灯
オーディオ ナビゲーション ファミコン 電子手帳 電子辞書
機種によってはもっと有るかもだけどね。
これらを全部単体で買っていた時代だと、軽く50万円以上いくね。
それがあのちっちゃい中に全部だもんなぁ。
機器以外だと
手紙 お金 雑誌 レンタルビデオ などなど
レンタルビデオなんて今じゃただでHなビデオ見放題
18歳の時に初めて借りたエロビデオがなんと1200円だった。
高い高過ぎる~しかし、それでも借りに行っていたあの情熱が恋しい
今日この頃の僕。
  1. 2014/04/02(水) 21:49:03|
  2. 名曲100選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名曲100選No8 THE GEIL「ROCKER'S BABY&BLUES」

2014031619575214a.jpg
勝手に名曲100選の第8弾はロッカブルースの名曲THE GEIL「ROCKER'S BABY&BLUES」
GEILと言うバンドが一番輝いていた時代は、今から25年も前の事。
メジャーまで後一歩だったが残念。
この名曲「ROCKER'S BABY&BLUES」も一般的には広く世に出る事もなかった。
音源もこの曲が収録されたCD「Jangle Junk」と他にLP一枚だけと思われる。
ちょっと男の子っぽいルックスでハスキーなボーカルAliceが印象的だった。
自分の店の名前JUNKYARDのJUNKの部分は、色々なロックバンドの楽曲タイトルに
JUNKという言葉が入ってるものが多く、そこからJUNKと付けたので、
この曲も含まれいるのです。
THE GEILとこの「ROCKER'S BABY&BLUES」は、あのイカ天末期に一度だけ
出た事があり、あの辺りがラストチャンスだったのかなぁと思う。
今このネット時代でも、いくら検索してもほとんどGEILの情報は引っ掛からない。
ま、でもそんなバンドの曲でも良いものは良い。
そんな風に思う日本の誰かさんがYouTubeにアップしていたので
聴いてみてください。
THE GEIL「ROCKER'S BABY&BLUES」


オマケ
ブルースの定義ってなんなんだろう?
コード進行とかもあるらしいけど、俺は演奏者じゃないからわからない。
自分はハードボイルドって言葉が好きで、男はハードボイルドじゃなければ
って感じで生きている。
自分の中ではハードボイルド=やせ我慢
と、脳で勝手に変換されています。
ブルースもそんな感じじゃないかと。
ブルース=泣き言とか嘆きみたいな男の女々しさ。
その男の超女々しい部分を、ハードボイルド的なやせ我慢をして
楽しそうに唄うのがブルースと、脳で変換されています。
  1. 2014/03/16(日) 20:26:00|
  2. 名曲100選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名曲100選No7 Drop's「太陽」

drops_980_510_03-thumb-981xauto-209.jpg

2014年2月現在での札幌最強Girl'sバンドdrop'sの昨年9月に発売の一曲「太陽」
まずは聞いてみ

彼女らは高校同級生5人でdrop’sを結成して今年で21歳
そんな彼女らの渾身の一曲がこの「太陽」
演奏はまだまだダメだけどデビュー前後のバンド特有の、何だか湧き出るパワーをかんじるね。
この曲で魂が揺さぶれないヤツはAKB48を聞いてて下さい。
去年辺りからドンドン本州にライブ遠征しているから、あなたの街に来た時はライブに行くように。
今の時代、腑抜けた草食な連中が多い世の中だから、あまりゴリゴリとしたロック作っても仕方が無いから、
彼女らにはこの曲の様に、少々ポップな要素を取り入れた曲で突っ走ってもらいたいものだ。
そんなワケで「太陽」は今の時代にマッチした名曲なのである。




オマケ
俺は別にハゲちゃいないが「スーパーミリオンヘアー」なるものを買ってみた。
よくテレビ通販でやってるアレ。
そう髪に振りかけるヤツだ、雨に濡れても問題無し...らしい。
通販観てて気になって仕方なかったんだよ俺は。
で、遂に購入してみました。
店に置いてあるから気になる方は試してみて。
もう一度言うが、俺はハゲて無いし薄くもない。
何だか宣伝みたいなステマみたいな感じもするが、単なる俺の好奇心に過ぎない。
なんかさぁ通販物って怪しさに惹かれませんか?
supermillionhair_e2.jpg
4969972010485.jpg


  1. 2014/02/07(金) 00:03:24|
  2. 名曲100選
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名曲100選No6 ART-SCHOOL「あと10秒で」

昔から後一日で世界が終わるとしたらどうする?
最後に何をしたい?
最後に何を食べたい?
ってな話がよくあったけど、そんな話をそのまま曲にした
ロックナンバーである。
まぁ~しかし10秒じゃ何も出来ないなぁ~。
せめて一日は欲しいけどな。
んっ、待てよ、そうじゃないのかもしかして。
何日も前からいついつで世界が終わると判っていての
後10秒かも知んないなぁ、いやきっとそうだな。
で、ART-SCHOOLはどうしたいかと言うと、彼女に触りたい、
彼女の匂いを嗅ぎたいって、それしか唄ってないんだが
俺もそうだね。
残り10秒でそれ以外考えられんな。
日本もアレコレとゴチャついてるから、2,3年後にこの曲の様な状況
なってる可能性は十分に考えられるから、今の彼氏彼女を大事にしようね。
彼氏彼女がいない人は大至急つくりましょう(笑)
そんな事を考えながらこのPVを聴いて見ましょう。
  1. 2013/07/15(月) 21:05:00|
  2. 名曲100選
  3. | トラックバック:0
前のページ 次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (61)
おすすめCD (3)
芸能 (62)
プロレス (49)
ライジングサンロックフェス (27)
ロックな酒ボトル (18)
ロックなマスク (14)
ばんえい競馬通信 (26)
ジャンク図書館 (8)
バンド (301)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (2)
ASPARAGAS (1)
a flood of circle (3)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
500.000.000YEN (3)
ゴーイングアンダーグランド (9)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (7)
ドミコ (3)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (5)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (16)
パーソンズ (1)
THE BACK HORN (2)
Buffalo’3 (1)
PAN (1)
バンドハラスメント (2)
BAND-MAID (1)
VAMPS (5)
ピギーバンクス (2)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (10)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
Bentham (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (11)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (5)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (29)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (7)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

ブロとも一覧

ブロとも一覧

ブロとも一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR