FC2ブログ

日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

JOIN ALIVE

いよいよ明日から岩見沢でJOIN ALIVEが開幕
ちょっと天気が心配だけど、思いっ切り楽しんで下さい。
あ~あ、日曜日は行きたかったなぁ。

ジョインの帰りに店に寄ってくれて、ライブの土産話聞かせてくれたら
お好きなドリンク一杯サービスします(笑)
スポンサーサイト
  1. 2019/07/12(金) 15:59:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド256 「怒髪天」No6 しみさん編

アップし忘れてたblogの下書きを発見。
何だっけ?と開いて見ると怒髪天しみさんの事を書いたものだった。
去年の5月5日に行われたしみさんの生誕50周年ライブの後に店に遊びに来てくれた。
そのライブ時に配られたうちわにサインを頂きました。

自分への記録用って事で今頃アップ。
しみさんどうもごめんなさい。








  1. 2019/06/22(土) 19:28:52|
  2. 怒髪天
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京を題材とした曲

最近ネットで「東京」を歌ったロック/ポップソングの名曲14 
なる記事を読んだ。
以下その14の名曲である。

ピチカート・ファイヴ/“東京は夜の七時”
エレファントカシマシ/“東京の空”
くるり/“東京”
椎名林檎/“丸の内サディスティック”
桑田佳祐/“東京”
銀杏BOYZ/“東京”
YUI/“TOKYO”
チャットモンチー/“東京ハチミツオーケストラ”
サカナクション/“モノクロトウキョー”
サザンオールスターズ/“東京VICTORY”
きのこ帝国/“東京”
Perfume/“TOKYO GIRL”
King Gnu/“Tokyo Rendez-Vous”
フジファブリック/“東京” 

なるほどなるほど、結構幅広く選んでいるなぁ
あの曲が入っていないとか、世代によったり今まで聞いてきた
ジャンルによってはこの曲だあの曲だと人によってだいぶ14曲が
変わって来ますよね。

ってワケでジャンクヤード的14曲をやってみよう。
でもなんで14曲なんだろう。

◎アナーキー/"東京 イズ バーニング"
日本の象徴をあろう事かデスったパンクロックの名曲。
当時アナーキーのライブ会場に右翼の宣伝カーが抗議に来たとか
来ないとか。
レコードにはピー音が入っていて何言ってるか分からないし、
歌詞カードにもこの曲の歌詞はカット。

◎ARB/"Tokyo Cityは風だらけ"
東京で恋やら金でのし上がろうともがく、ややアウトローの
気持ちを歌った一曲。
故郷を思ってなのか、東京自体を大した街ではない、楽しい街ではないと
言い放つ。
作詞はサンハウスのキクなので博多を思ってなのか。
1979年発売

◎ARB/"TOKYO OUTSIDER"
ビッグシティ東京が抱えるストレス、フェイク、空っぽの豊かさ
憂鬱の中一人抗える男の歌。
もしかするとTokyoCityは風だらけのアウトローの後年の歌なのかも。
軽快なロックナンバー
1998年発売

◎くるり/"東京"
70年代フォークでは結構ありました、こう言う上京物語な曲。
で、ふとした時に地元を思いだし、好きだった娘を思いだし
声が聞きたいなぁ電話しようかなぁみたいな曲。
くるりの東京もまさにベタベタな王道なそんな曲なんだけど
何か良いんだよなぁ札幌から出た事ないけど。
しみるんだよなぁ

◎SADS/"東京"
東京を狂った街と表現し、その中で暮らし段々と情熱を失い
自分も狂っていきそう、いやもうすでに狂っているのであろうか?
歌い出しに黒い夢に今日もまどわされると出てくるが、これは黒夢の
事だろうか?
清春のSADS結成1stシングル。
1999年発売

◎沢田研二/TOKIO ◎カブキロックス/お江戸
説明不要な一曲
聴くだけで東京は華やかで楽しい街なんだろうなと
思わせる。
1980年発売

◎椎名林檎/"歌舞伎町の女王"
東京の歓楽街歌舞伎町が持つ怪しい雰囲気、淫靡なる雰囲気等々
歌舞伎町で生きる女を歌い上げた稀有一曲である。
1998年発売

◎SION/"新宿の片隅から"
都会でくすぶるも、安いメンツのみで強がり生きる
男の歌をあえて軽快なポップ仕上げのロックンロールに仕上げた一曲。
自分腕一本と引き換えても、ここに来いそばに来いと願うものはなんで
あろうか?女orクスリor拳銃
1986年発売

◎スタークラブ/"TOKYO MIDNIGHT"
何度も打ち砕かれても、お前らしく生きろ挑み続けろと自分自身に叫び
くそったれな奴らに挑むパンクな一曲。
40年スタークラブを続けているヒカゲだからこそ、歌い上げられるのだ。
2004年発売

◎ストリートスライダーズ/"TOKYO JUNK"
まぁ歌詞はTOKYO JUNKと狂った夢の連呼
がしかし、ハリーと蘭丸のギターの旋律とリズム隊が絶妙に絡みあい
うねるうねるでスライダースそのものと言っても良かろう。
この楽曲が好きでないなら貴方にはスライダースは合いません。
1984年発売

◎中原理恵/"東京ららばい"
東京シティポップスの代表格。
歌の前半はお洒落な東京の夜を想像させ、中盤後半と男女の人間模様
都会ならではの人間関係の希薄さへと流れていく。
1978年発売

◎ニューロティカ/"東京花火"
子供の時に描いた夢と違う大人になったけど、ふと見上げた夜空は
広いしあの星はずっと俺を見ていてくれる。
なら俺も想いは届かないけど、ずっと想い続ける事はいいだろう
明日も人混み紛れて頑張って仕事しよう的な歌。
PUFFYのカバーが秀逸。

◎ピチカートファイブ/"東京は夜の7時"
やっぱりこの曲も外せないよなぁ。
まぁとにかくお洒落な曲。
東京の曲は都会ならではの不満やストレスを題材にしていたり、上京して
故郷を想い出しての切なさや変わってしまった自分を題材にしたものが多い。しかしこの曲だけはマイナス要素を一切排除して、
都会のお洒落な部分だけをクローズアップ。
曲の最初から最後までとにかくお洒落。
1993年発売

◎MIDWEST VIKINGS/VAMOS TOKYO
ボーカルチバユウスケ ドラムきゅうちゃんの覆面バンド。
東京FCが好き過ぎるチバユウスケが勝手に東京FCの応援歌を
作ってしまった。
今だ公認応援歌にはなっていないもよう(笑)
アイリッシュロック風でウッドベースも炸裂して、ひたすらノリが良くて
前進前進まさにサッカーの応援歌である。
バースデーのニューアルバムに入っているdustyboy dustygirl曲に
非常に似てるってかソックリと思うのは俺だけかな?
2005年発売

自分で良いなと思う曲はまだまだあるけれど14曲となると
こんな感じかなぁ
なんか最近の曲がないなぁ~あんまり東京の曲は今は作んないかなぁ
俺が知らないだけだなきっと。
なのでこれカッコイイよ聴いた方が良いよなんて曲があったなら
是非教えて下さい。
よし次回のブログは東京東京って悔しいから、札幌を題材とした
14曲を取り上げてやるぞ。





  1. 2019/06/20(木) 22:38:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド255 「ユニコーン&電大」

19日に苫小牧でユニコーンで昨日20日に札幌で電大のライブがあった。
いつものように打ち上げ後に、ドラムの川西さんが店に顔を出してくれた。
店に来た事ある人は分かると思うけど、カウンターの上にカレンダーがあって
お客さんが自分の行くライブを書き込んでいる。
201905211934438b2.jpg

そのカレンダーを見つけた川西さん。
ユニコーンも電大もちゃんと書き込まれていると笑っていたが、
そこで一言、「どうしてライブ後にここ寄らないの?」
「いつもライブ後に俺が居るのにさ」とおっしゃった。
俺・・・・・
そういうワケなんでカレンダーに書き込んだお客さんは
責任持ってライブ後に店寄って下さい(笑)


  1. 2019/05/21(火) 19:48:45|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド254 「ACIDMAN」 No2

俺は行ってないけど、昨日札幌でACIDMANのライブがありました。
超上機嫌でライブ帰りにお客さんが店に顔を出す。
何やらACIDMANガチャがあったらしく、スマホでチャレンジしたところ
見事2位の商品をゲットしたらしい。
商品はメンバーサイン入りのマフラー
季節的にどうなの?とか色が微妙とかの思いはさておき、タグにサインが
しっかりと書かれていて、良い物ゲットしたね。
2019051116161848f.jpg
しかしちゃんとタグもACIDMANになっていて立派な商品だなぁ~さすがACIDMAN。


彼が超上機嫌で店に来たのは、本当はマフラーが当たった事ではなくて
ライブ当日に子供が生まれた事。
令和生まれの赤ちゃんの写真初めて見たぁってまだ十日しか経ってないけど。
とにかく嬉しいものだなぁ。



  1. 2019/05/11(土) 16:32:12|
  2. ACIDMAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (60)
おすすめCD (2)
芸能 (57)
プロレス (47)
ライジングサンロックフェス (22)
ロックな酒ボトル (16)
ばんえい競馬通信 (26)
ジャンク図書館 (7)
バンド (294)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (2)
ASPARAGAS (1)
a flood of circle (3)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
500.000.000YEN (3)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (6)
ドミコ (3)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (5)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (16)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (1)
バンドハラスメント (2)
BAND-MAID (1)
VAMPS (5)
ピギーバンクス (2)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (10)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
Bentham (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (10)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (3)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (17)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (7)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR