日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

バンド249 「THE Pillows」 No10

今回の夢チカ収録はニューアルバム「NOOK  IN THE BRAIN」を発売した、
the pillows山中さわおさん。
何だか毎回ここで収録している様な気が・・・さわお専用収録場所か(笑)
まぁ嬉しいんだけどね俺は。

さてさて今回も大きめなサングラスを掛けて颯爽と登場。
クリームソーダのTシャツ姿で、相変わらずクリソー好きな模様。

今回は一つ仕掛けをしてみる。
さわおさんが座るであろう場所に、俺がお客さんのキープボトルに
バンド名をお彫るロックなボトルシリーズの一本、バスター君バージョンを
置いてみた。
さわおさん気が付いて反応してくれるかなぁ~。
20170323191506242.jpg

席に着くなり、早速ボトルに目が。
ボトルを手に取り「何コレっ?」とさわおさん。
俺「お客さんのキープボトルに好きなバンドを目印代わりに彫ってるんです」
さわおさん「えっ、コレ彫ってるの?」と手で触って感心してもらいました。
ちょっと嬉し(笑)

撮影開始時刻が19:15頃からで途中機材が不調となったりして、
20:30頃まで収録してたのかなぁ~当然営業時間中なんで、誰がお客さんが
知らずに入って来ないかなぁ、入って来ればそのまま収録観てれば良いのに
と思っていたけど誰も来ない不人気なバージャンクヤードです。

トークの内容はメンバーの事やらニューアルバムの事やら、
いつもの調子ではあるものの、ちょいちょい放映出来そうも無い話を
言ってくる(笑)
TVバージョンは良いとして、ネットバージョンはどうすんだ?
放映予定日は7月に札幌ライブがあるので6月末辺りらしいので
暫しお待ち下さい。
20170324191740f6a.jpg





onちゃんにサイン頂きましたので、Pillows命のお客さんに
プレゼント致します。
20170323191507d4a.jpeg







スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 19:22:06|
  2. pillows
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド247 「スコットマーフィー」

何ともまぁ~2月ももう終わりだと言うのに、
ようやく今年一発目のライブに参戦。

スコットマーフィーのライブに行って来たのである。
その名の通りスコットはアメリカ人なのだ。
俺のお店は自称日本唯一の邦楽ロック専門バーだ。
洋楽は専門外と言うか全く興味も無い俺だ。
そんな俺が何故異人さんのライブに行くかと言うと
ハッキリ言ってしまえば、お店に遊びに来てくれたから
なんだけど、それを言ってしまえば身も蓋も無い(笑)

スコットの本体であるアリスターと言うバンドの事は全然知らないけど
10年位前に日本の曲のカバーをやり出した頃から面白い外人だなぁと
思っていたのだ。
ちゃんと日本語で唄っていたってのもあるし。
俺の日本のロックの範囲の下限と上限は日本人が英語で歌う~外人が
日本語で歌うがギリギリセーフなのでアリスターはアウトだけど
スコットはセーフなのである

しかし店でスコットと話してると、日本の音楽に詳し過ぎる(笑)
新しいバンドから昔のバンドまでスラスラ名前やら曲名が出てくる。
歌謡曲からニューミュージックやらロックまで詳しい過ぎるぞオイッ。
なんだろう日本語も普通だしおかしな外人さんだ。
20170301191644d46.jpg

そんなんでライブに行くことになったのある。
まぁ大した期待もしてないし、お客さんあんまり入ってなかったら
寂しくてかわいそうだし、なんせチケットの発売開始も2週間位前だし。
がしかし会場行ってみると凄いじゃないですか100人位は余裕でいるね。
ELLEGARDENの細美君とやっているMONOEYES効果なのだろうか。

スコット登場
あれあれ結構楽しいかもこの人のライブ
アコギで日本の楽曲のカバー唄っていますな。
チューリップの曲やらスピッツの曲やらMONOEYESの曲やらですな。
洋楽はよく分からないけどスコット&リバースの曲かな、今度出る
ニューアルバムからもやってるみたいだなぁ。
しかしアレだなぁ~知らない洋楽も妙に聴きやすいなんだろう?
ライブが終わってから気が付いた
スコットは根っこがアメリカンロックの人じゃないんだきっと。
カントリーミュージック系のフォークの人なんだ。
だから日本のフォークソングから~のニューミュージックを経ての
ジャパニーズロックの曲に似た感じの楽曲をやってるのだ。
だから日本人に意外と受け入れられるワケだきっと。

MCでは結構危ない事言っていて笑える
○○と○○はゲ○だから近づいちゃいけないとスタッフに言われたとか
面白いネタ満載だ(笑)
女子ファンが38歳のスコットに可愛いと声援送っていたが
分かる気がしますが、俺はゲ○じゃありません。







オマケ

只今お店ではかき餅祭を絶賛開催中です。
是非御来店下さいまし。
20170301191643783.jpg
  1. 2017/03/01(水) 19:20:40|
  2. スコットマーフィー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド246 「グットモーニングアメリカ」 No3

先日収録致しましたグットモーニングアメリカの放送日が決定。
来週30日(月)深夜 ですのでお見逃しなく。

以下夢チカOfficialより
新境地へと突き進むポップロックバンド、グットモーニングアメリカが登場
ライブの聖地"日本武道館"のステージに立った後、バンドと改めて向き合った彼ら、武道館でのライブを経て芽生えた新たな決意をフロントマンである
金廣真悟が語ります。
地元八王子への愛や、自主企画フェスの貴重な映像も!!必見です!!

道外のグドモファンの方は今暫くお待ち下さい。
二週間後位からネット配信されます、しかもフルバージョンにて。
詳しくは夢チカOfficialをご覧あれ。
http://www.htb.co.jp/yumechika/



オマケ

先日腐れ外道がご来店
咥えタバコで店に入って来た50代男。
いきなり「俺この店初めてだけど、信用出来る人間だからツケでも
良いかい?」・・・・・・俺もナメられたもんだな。

でも、どうせツケを払いには来ないけどネタとしては面白いから
飲ませてみようかなと、少し思う俺もいる(笑)




  1. 2017/01/27(金) 19:02:05|
  2. グットモーニングアメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド245 「グッドモーニングアメリカ」 No2

今回の夢チカ収録は「グッドモーニングアメリカ」通称グドモである。
ギターボーカルの 金廣真悟君のみの収録ではありますが。
20161220202249b96.jpeg

メジャーデビューは2014年と比較的最近ではあるけれど、インディーズで
最初に音源出したのは2007年なのでキャリアは十分なのである。
彼等グドモはメジャーデビュー2年目に武道館でのライブも慣行。
そんな彼等のロックに対する熱い思いや今後の夢を語っていました。

夢チカはインタビューの最後の質問は夢チカだけに、今後の夢は?
で締めていましたが、最近は最後の質問の前に「18歳の時は何してましたか?」と聞くのも定番になった様子。
何故なら夢チカの正式名称は 「ユメミル、チカラ 18才の俺たちのように」
だからなのであります、コレ豆知識ね(笑)

放送予定は1月末から2月初旬となっていますので、お楽しみに。
またグッドモーニングアメリカの次回札幌ライブは3月12日ですので
こちらもお楽しみに。
2016122001033109c.jpg







オマケ


20161221204157cfa.jpg

とあるトイレにての注意書き
真ん中と左は理解出来るが、右は何なんだろう?
誰か教えて下さい。
まつげをクルッとするヤツにも見えるけど、だとしても火を使う物なんて
あるの?



  1. 2016/12/21(水) 20:46:14|
  2. グットモーニングアメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バンド244 「グットモーニングアメリカ」

グットモーニングアメリカ命ってなお客様いますか?
至急連絡待ってます、何か良い事あるかもね。

グットモーニングアメリカ Official
https://goodmorningamerica.jp/

  1. 2016/12/16(金) 19:58:54|
  2. グットモーニングアメリカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (59)
おすすめCD (2)
芸能 (48)
プロレス (44)
ライジングサンロックフェス (15)
ロックな酒ボトル (8)
ばんえい競馬通信 (13)
バンド (264)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (3)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (13)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
BAND-MAID (1)
VAMPS (4)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (9)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (7)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (11)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (6)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR