日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

バンド221 とある音響担当者のお話

とあるバンドやらミュージシャンやらの音響を担当している
お客さんが店に来た。
俺「アレッ?どうしたんですか?仕事ですか?何かライブありましたっけ?」
音「明日小樽で仕事なんだよね」
俺「あ~なるほど札幌ではやらないABEDON民生ライブね」
と、その後は音響の苦労話を聞きつつ、音響に関する事柄を
色々聞いてみた。

質問その1  会場によって得手不得手はありますか?

結構ある、2day開催で同じ会場同じ位の客入りでも
結構音が変わってくるらしい。
その日の気温や湿度、エアコンの利用状況等などで、その都度微調整。
ライブ終盤の熱気によっての湿度上昇での微調整。
などの理由による微調整が非常に上手く行かないライブ会場がある。

質問その2  会場備え付けの機材って直ぐに使いこなせるます?

基本のライブはスピーカーから音響機材は自前なので問題は無いが
小さなライブハウスだと、使いこなせなくてライブハウスの方に
こう言う感じの音にするには?って聞く事も多々ある。
ライジングサンとかも普段使っていない機材で、大掛かりなものに
なっているし結構担当者に聞きながら操作を覚えている。
野外は風で音が流されて大変だが、人間所詮自然には逆らえません。
そして、ライジングサンのPAブースは客席よりか高い位置に
あるので、一段低い客席での聴こえ方を考えている。

そう言えばこの方は大きい箱でも小さい箱でもちょいちょい
客席に降りてきて音確認してるもんなぁ~
沢山面白い話を聞いたんだけど、ここに書けそうな話をもう少し。

まずライジングサンにPUFFYが出るのでDrは川西さんですか?と
聞いたところ、神奈川で電大のライブがあるんだよねと。
えっと、じゃ誰Dr叩くんですかと聞くと
なんとみよちゃんらしいと言うではないか。
みよちゃんとはDetroit7のDrでDetroit7が活動休止後は数々のバンドや
ミュージシャンのサポートなレコーディングに精力的に参加しているのだ。

絶対じゃないけど夏からPUFFYのサポートメンバーになるから、
ライジングもそうだと思うよとの事。
これはマジ嬉しいなぁ~

川西さん情報
すっかり病気も治り血液も超サラサラになって、他のメンバーの誰よりも
元気なっちゃった様子(笑)
入院の顛末話が凄く感心したけど、ここでは書けないけないや。
店でなら酔うと話すかも


オマケ

少し前から巷では、オシャレな柄や可愛い絵の付いたマスキングテープが
流行して女子に大人気。
棺桶職人の俺は他の家具製作や最近作ってるロックな酒ボトル製作に
マスキングテープには大変お世話になっています。
一応言っておくが俺は普通のマスキングテープを使っています。

が、最近なんと超強力マスキングテープが発売されたらしいぞ。
オイオイ待てよ、剥がし易いのがマスキングテープの取り柄だろに
マスキングテープが強力になってどうすんの?
それっもうマスキングテープとは言わんでしょうに(笑)
ガムテープとどう違うのであろうか?
ちょっと気になるなぁ~
でも用途って何だろうなぁ~誰か教えて!!



スポンサーサイト
  1. 2016/07/03(日) 20:58:38|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バンド173 「電大」55川西CARNIVAL

今週火、水曜日と連チャンで電大のライブに足を運ぶ。

と、その前に
前日月曜日にK西さんから「店にアードベック置いてる?」と
電話が来る。
俺の店は焼酎もコーラもブランデーもスコッチもみな500円
なのでアードベックは少々お高くて置いていない。
そう告げると「了解、また後で」と電話が切れる。

1時間後、何とそのアードベックを抱えたK西さん御一行。
「これ店にプレゼントします」と俺に差し出すのであった。
どうもK西さんののマイブームらしく、最近はコレばっかり
飲んでるらしい(笑)
皆でアードベック囲んで宴会スタート。
俺も初めて飲んだけど、凄い味のスコッチだねこりゃ
癖が在りすぎだ。
俺は癖のある酒が大好きだから、この酒も一発で気に入ったけど
一般的にはどうだろう・・・例えるなら薄味の正露丸風(笑)
まずそうだけど、ハマったらもう他のスコッチ飲めなくなるね。
電大ではスタッフ含めブームだから、ファンん方はどこかで
お試しあれ。

で、肝心のライブの感想は初日に、ゲストでブギウギ専務が登場したり。
電大の方々は今一ブギウギ専務が何者か分かっていないような・・(笑)
いつもの安定した高クオリティーな演奏と、軽快なトークでの
2時間超えの楽しいライブであったのだ。
ってかライブの感想短い過ぎだぁ(笑)
二日連続で行ったのに。

オマケ

アードベックを三分の一程飲んだところで宴はお開き。
帰り際にキープボトルにしますから、ボトルにサインをとK西さん
言うと「店にプレゼントだから誰かに飲ませて」と言う。
俺はでもどうせ明日も宴会で飲んじゃうでしょと言い返す。
で、結局K西さん御一行で飲み尽くされましたとさ。
ゆうすけ君とK西さんのサイン付き空ボトル
欲しい人居るかなぁ~先着一名(笑)
2015061122310000.jpg


  1. 2015/06/12(金) 14:19:16|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0

バンド136 ユニコーン札幌ライブ

日曜日に第17回大人の学芸会終了後、ユニコーンのライブを観に
札幌市民ホールへGO。
札幌は2DAY開催だったのだけれど、まさかのソールドアウトで
チケットが手に入らず......本来行けないハズだった。

そんで土曜日の夜中にいつものように、K西さんが飲んだくれに
やってきたので涙目で訴える俺。
チケット売り切れで買えなかった〜、会場が小さすぎる〜などと
愚痴る俺。
その涙目攻撃がなんとか通じて札幌最終日に行ける事になったのであった。

K西さん 今度3DAYにしようかな
俺    いやいや3DAYにしても一緒でしょ
俺    もっとデカイ箱で。何で年金じゃないの?
K西さん どうも先にヒムロックが押さえたらしい(笑)
ってな会話をしつつ時刻は3時を回る土曜日であった。

今回のライブ会場は札幌市民ホール
初めて行く会場だ。
まっ、まだ新しい会場だから当然綺麗な会場だ。

さてさて肝心のライブはって言うと、もうそれはそれは
楽しいライブだった。
小芝居あり〜の漫談あり〜の歌あり〜の
総合エンターテイメントショウだね。
小道具なんかもいちいちお金かけてるなあ〜ってのが
また一段と観ている方を楽しくさせる。
そんな札幌公演であった。

その日の夜も延々とと飲んだくれるk西軍団であった。
本当に55歳なのかと思わせる位タフ過ぎるK西さん。
またまた3時過ぎに店を出て、もう一軒行くぞ〜と
夜の街に消えて行くのであった。
  1. 2014/04/29(火) 20:57:10|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0

バンド120「スカボロ→電大→電大→モッズ」その3

木曜日
基本的にライブはお金を払ってこそ、真剣に楽しめるって
もんだから、よくアーティストにゲストで名前入れておきますとか、
招待しますとか言われるのだけど、拒否してちゃんとお金払って見に行く
のだけど、今回は昨日はお金払って見たから今日は甘えようかな、と
川西さんに甘えて招待してもらった(笑)
ライブの方は、密かに心の中では昨日と大体同じような事トークするんじゃないの
かなぁ〜と思っていたけど、すいません電大みくびってました。
二割位は被っていたような感じだけど、八割方新規な話題だったのだ。
昨日も演奏した曲だけど、間奏中にトークショーが始まりまた曲に戻るって
何ですかいったい?
そんなの見たことが無い、しかも曲よりも圧倒的に間奏のトークショーの方が
長いって言うのは、面白過ぎだ。
しかし何で川西さんは、あんなにも楽しそうに終始ドラムを叩いているのだろう、
ホント楽しそうだから、当然コッチも楽しくなる。
いやいやホント楽しいライブだ。
あれっ?やばいあんまり曲覚えてなかったりして(笑)
そして最後はやっぱり飲みまくりな御一行でした。

金曜日
キューブガーデンにTHE MODSを見に行った。
超満員過ぎてドリンク交換できんかった。
会場ペニーレーンに戻そうよ。
今回はニューアルバムを出してのツアーじゃないので、
演奏曲新旧織り交ぜてのライブだった。
まぁライブ自体はいつもの安定したステージであったけど、
森やんの動きがキレキレで物凄く元気いっぱい。
ここに来てようやく体調が復活して来たね。
3年はかかったんじゃないのかなぁ。
しかし四日連続でオールスタンディングのライブは辛い。
椅子が欲しい。
ライブ後は店に戻ってお客さん達と朝まで
We are THE MODSでまたもや夜が明ける。
  1. 2013/07/03(水) 21:00:06|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0

バンド119 「スカボロ→電大→電大→モッズ」その2

水曜日
今日はスカボロと電大のライブが被っているが、
電大を選択したので、クラップスホールへ向かう事に。
まぁ向かうっても店の裏だし、徒歩50秒。

会場に入ると相変わらず女子率が高い8対2位かな。
「可愛い娘が揃ってますぜお兄さん方!!」(笑)
今回は人生二度目の電大である。
さて、ライブはと言うと、もうもう楽しい。
ロックのステージと言うよりはショウだねショウ。
約2時間のライブで16曲位かな。
で、残りの時間はトークショー(笑)
ありえない曲数なんだけど、演奏力はあるし、
相も変わらず三人の息がピッタリ過ぎるし。
とにかく楽しいライブなのである。
明日も電大のライブに来る事に決めた。

そんで店に戻って来たのだけれど、これからが長い戦いなのだ。
スカボロを見に行ったお客さん、電大を見に行ったお客さんが
ぞろぞろと御来店。
酒を飲みながら観てきたライブを、あ~だこ~だと報告しあう。
ほろ酔い気分の頃にスカーズボロ軍団がメンバー全員で登場。
フェリーの時間まではまだまだあるぜ飲めぇ〜。
バーボンがぼがぼ、たまにカルアミルクゴックン。
メンバー、お客さんがいい感じに出来上がった頃に、電大登場。
川西さんエビさんがやって来た。
エビさんが店に来るのは初めてだなぁ〜。
ARBの話がしたいなぁ〜と思いつつマスター稼業。
あ~ぁやっぱカウンターの向こうが良いなぁ〜。
お客さんになりたいです俺は。
っつうか席無いんですけど。
川西さん達座れません。
という事で全員起立して、川西さん達に席を譲りだす。
が、川西さんが全然座らないものだから、誰も座れず
立ち飲みBARになっちまった。

そんなこんなで1時半フェリーの時間が危ないので、
記念撮影して、スカボロは仙台に向かって行ったのである。
K1SUk.jpeg
1040734_385839271520115_540598135_o.jpg


一方川西さん御一行は相変わらず元気いっぱいで、またまた
空が明るくなっていくのでした。
  1. 2013/07/01(月) 21:33:31|
  2. ユニコーン
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (59)
おすすめCD (2)
芸能 (48)
プロレス (45)
ライジングサンロックフェス (15)
ロックな酒ボトル (8)
ばんえい競馬通信 (14)
バンド (267)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (4)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (13)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (0)
BAND-MAID (1)
VAMPS (4)
ピギーバンクス (1)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (9)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (7)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (11)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (6)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR