日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

ライブ28 9月のオススメLIVE

9月
12日 「人間椅子」  札幌ベッシーホール 19:00スタート  4000+D
   ニューアルバム「萬燈籠」引っ提げての札幌ベッシーホール
bio_band_top.png

21日「BUGY CRAXONE」 札幌COLONY 18:30スタート  2800+D

「Buffalo’3」     札幌DUCE 16:30スタート  1500+D 対バン有り  
新曲「Tarantism」のPV コレ必見
   http://m.youtube.com/watch?v=8U7en9P4dT4#http://

26日「Drop's」 札幌SPIRITUL LOUNGE 20:00スタート  
   札幌で今一番元気な女子バンド新曲「太陽」のPV
http://youtu.be/8G31xqqRaS0
29日「FLiP」 COLONY 17:30スタート    3000+D
「スタークラブ」 KLUB COUNTER ACTION 19:30スタート  2000+D 
スポンサーサイト
  1. 2013/09/04(水) 21:55:41|
  2. おすすめLIVE
  3. | トラックバック:0

バンド124 「ライジングサン回想録2001~2013」後編

2007年
まずは「陽水」の傘がないで、またもや昔を思い起こされる。
次は今年のメインイベント「BUCK-TICK」へ。
しかも頬にマジックでBTと書き込み気合いを入れる。
颯爽と会場に入るも誰もBTと頬に書いてない、おかしい?俺だけっぽい?
まぁ良いや、悪の華さえ聞けりゃ良いのだ。
が、しかし・・・・やらなかった・・・・「たま」の悪夢再び降臨。
ショボくれてテントに戻り鏡で頬を見てみるとBJと書いてある。
んっBJ・・・・俺はブラックジャック大先生か。
そんで最後は「永ちゃん」にビシッと締めてもらい終了。
2007年度3本  合計23本

2008年
「藤井フミヤ」のTRUE LOVEにて遥か遠くに捨ててきた純粋な心を取り戻し、
「ハリー」でしっぽりと来て、「ジライヤ」「シナロケ」連発して~の、
レモンティーにて俺のレモン搾りてぇ~とまた心が汚本
て終了。
2008年度4本  合計27本

2009年
キョンキョンですよキョンキョンと朝からウキウキする。
全然ロックじゃない2009年の俺、完全にJ-POP野郎です。
しかし「小泉今日子」超カワイイ。
ちょっと二の腕がタプタプしてたけど、それすらカワイイ。
アイドル時代の曲を連発し、誰かが結婚してぇ~と叫んでいたが
わかるぞその気持ち。
すっかり高校生の気持ちに戻されたまま「シオン」を見に行くも
高校生の僕には全然響きませんでした。終了。
2009年度2本  合計29本

2010年
まずは「LOVE PSYCHEDELICO」をレッドでビール片手に堪能。
初めて生で見たけど良いね、今回札幌に来たらライブに行こうと
思うもそれ以降札幌に来ていないような?
次「キノコホテル」CDやら映像では見ているが初の生。
ちゃっちいような凄いような、若いようなオバさんのような、
可愛いようなブスのような、凄く楽しいような楽しくないような。
結局支配人の虜になってしまった。
高校生の時に何度も何度も聞いた「PLASTICS」
まさか生で見る日が来るとは。
そもそも映像すら見た事が無いのでイメージすらないけど、
アレっこんなんだったっけ?
全然ピンと来なかった。
物凄く楽しみにしていたハズなのに、何で?
今だに分からない・・・・終了
2010年度3本  合計32本

2011年
「神聖かまってちゃん」のロックンロールは鳴りやまないは名曲だね。
中学生頃の初めてロックに触れた頃の気持ちをとても良く表現してる。
続いて生まれたてのバンドを見てから~の生まれて30数年経った「モッズ」を
見て終了。
2011年度2本  合計34本

2012年
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・終了
すいません飲み過ぎました。
bar ライジングサン チャージ18000円 持ち込み自由。
2012年度0本  合計34本

2013年
「稲川淳二」から~の「ゴーングアンダーグランド」にて終了。
「稲川淳二」をカウントしていいのか疑問もあるが。
2013年度2本  合計36本

以上が俺のライジングサンの全てである。
13回会場に足を運び36回ライブを見た。
コレが俺のライジングサンの楽しみに方である。

  1. 2013/09/03(火) 21:15:01|
  2. ライジングサンロックフェス
  3. | トラックバック:0

バンド123 「ライジングサン回想録2001~2013」前編

札幌もライジングサンが終るとすっかり秋でもう寒い。
さて今年のライジングサン、何を見たかと言うと
初日は人生初のボヘミアンガーデンに遠征しての
稲川淳二を見た・・・ってバンドじゃないし。
・・・で、初日終了。
二日目 23時に行動開始。
デフガレージにてゴーイングを鑑賞・・・・
以上を持ちまして2013年度ライジングサンを終了させて頂きました。

そこでだな俺は思ったよ、2001年からライジングサンに行だして
今年で13回目なんだけど、俺はトータル何回ライブを見たのだろうか?
もしかすると20本も見ていない可能性もある。
そこで過去のライジングのホームページを見ながら書き出してみよう。
何だか怖いんですけど。
まずは2001年
「シーナ&ロケッツ」にシーナのパンツ拝みに行って、いきなり上から人が降ってきて
ネガネが曲がって〜の「SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER」へ愛葉の少々
えぐれた胸を拝みに行って〜のまだイガクリ頭の「バックホーン」を見て、
がなる様な歌い方で将来大丈夫かなぁ〜とい心配しつつサニーに酔いしれて〜の
「モッズ」を見るもののフェスティバルなんだからもっと分かりやすい曲やれば良いのに、
と思いながら拳を突き上げて騒いで〜の「小島麻由美」の不思議ちゃんプリを
見に行っての終了。
トータル5本中々良い滑りだしだね。

2002年
「たま」からのスタート。
名曲さよなら人類聴きたいっしょ、考える事は皆さん同じで大勢集まってるが
まさかのさよなら人類はやらず。
ふざけんな、金返せと叫びつつ良く考えるとさよなら人類のボーカルが脱退してて
居なかったかららしい。
しかしこの曲やらずして「たま」をフェスに呼ぶ意味あんのか?
気を取り直して「HARRY」に出撃、スライダーズの曲もバンバンとやる。
痺れっぱなし〜の「陽水」に行って傘がないでさらに痺れての終了。
2002年度3本  合計8本

2003年
「モッズ」で弾けてから〜の「南佳孝」へGO、往年のお姉様方が最前列にて
大騒ぎをしているのを横目にビール片手にワラの上に横たわっての
スローなブギにしてくれにマッタリと酔わされ〜の「カルメンマキ」の
最前列へ。
知ってる曲は無いんだけれど、マキ姉さんハンパない。
男でも勝てるヤツはそう居ないであろうなパンクっぷり凄すぎます。
そのまま最前列に居座っての「ロックンロールジプシーズ」
ルースターズの名曲に酔いしれての終了。
2003年度4本  合計12本

2004年
「ZIGGY」がついに生で見る時が来ようとは。
名曲グロリアが死ぬほど聴きたい。
まさか「たま」みたいな事はないよね?ちょっと心配。
やってくれましたよ「ZIGGY」はグロリアを。
めちゃくちゃ鳥肌立ったよカッコイイ。
この気持ちを大切にしたいので終了。
2004年度1本  合計13本

2005年
「detroit7」からスタート、やっぱBeautiful Song最高。
今年も良いライジングサンにらなる予感。
そしてロック界隈きってのダメ男の温くん率いる「ピーズ」へ向かう。
ピーズ見ると自分の男っぷりに自信が付くのである。
でまたまた「モッズ」を見て終了。
2005年度3本  合計16本

2006年
「ロックンロールジプシーズ」「大江慎也」「ジライヤ」の九州勢やって来た。
通称明太子ロックもう最高過ぎる、もうコレで終了でも良いくらい。
で、最後に「レディオキャロライン」で締めました。
2006年度4本  合計20本
おっ〜6年目にして20本の大台に乗った(笑)

後半につづく
  1. 2013/09/01(日) 22:46:15|
  2. ライジングサンロックフェス
  3. | トラックバック:0

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (59)
おすすめCD (2)
芸能 (49)
プロレス (45)
ライジングサンロックフェス (17)
ロックな酒ボトル (8)
ばんえい競馬通信 (15)
バンド (271)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (4)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (13)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (1)
バンドハラスメント (2)
BAND-MAID (1)
VAMPS (4)
ピギーバンクス (1)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (9)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (8)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (12)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (7)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR