日本のロック専門BAR JUNK YARD

昔のロックから最新のロックを日々の出来事を交えて語り尽くす。

芸能43 「第20回大人の学芸会」

まずいまずい非常にマズイ
今度の日曜日はジャンクヤード主催の「大人の学芸会」の日だ・・・・・困った
しかも第20回という記念開催・・・・・・晴れ晴れしい・・はず・・
なのに全然ギター弾けない俺・・・・
困った困った、いつものように漫談でごまかそうにもネタ切れだぁ

この「大人の学芸会」っつうのは、下手でもなんでも楽器持ち寄って
日本の曲をカバーして披露しようよってな企画なのである。
日本の曲ってざっくり言ってもそれはもう幅広く、童謡、演歌、歌謡曲
アニメソングにフォークにロックと何でも有り、後はマジックとかも有り。
そういえばヘビメタとかをカバーした人はまだいないなぁ
大道芸とか漫才でも良いけどね。
で、そんなカバーを一組3曲披露致します。
今回は9組出演するのだ。

ふぅ~あ~ぁ、こんなブログ書いてる暇あるのならギター練習すりゃ
良いのになぁ、今手を伸ばせば届くところにギターあるし
もしくは天気良いからマラソンの練習に行けば良いのに俺。

俺の醜態を観たい方は是非いらしてください
また大人の学芸会はこれからも渋々(笑)続いていきますので
出たみたいなぁ~と思う変な人は早めに連絡下さい。

4月24日 12:00~16:00
Vinnies'BAR 札幌市中央区北1東12オリンピアボールB1F
2000円 2ドリンク付きor3000円 飲み放題



  1. 2016/04/20(水) 12:54:34|
  2. 芸能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸能42 富良野塾公演「屋根」

先月の24日に富良野塾の「屋根」という舞台を観てきました。
倉本先生のこれが最後的な発言もあり、札幌教育文化会館の大ホールも
ソールドアウトの賑わい。
がしかし倉本先生は
そんな事は言っていないと発言し、まだまだ倉本先生演出の舞台は
続く模様(笑)
北朝鮮のかりあげ君のやるやる詐欺同様の辞める辞める詐欺が発動か?

俺にしてみれば、先生が辞めようがどうでもいいし
お気に入りの役者達の演技が見れれば誰の演出でも良いのである。

肝心の舞台の感想だけど!あらすじは前にブログで書いたけど
大正から昭和中頃までの家族のお話し。
前回から脚本にかなり手が入っていて、まぁ結構面白かったけど
やっぱり先生辞めるつもりだったんじゃないのかなぁ
今まで演出してきた数々の演目の良い所取りって感じで
ロックバンドで言うベスト盤みたいな演出。
この演技はあの舞台で観た、この演技はあの時の演出だってな
場面が多々有りましたな(笑)

辞めるつもりだったのなら良い演出だけれども、続けるつもりなら
目新しい演出は何も無いので残念な感じかな。
しかし相も変わらずトップ役者達のクオリティーは超ハイレベルで
どんどん引き込まれてしまうのであった。
次はどんな演目でくるのか非常に楽しみなのである。





オマケ

少し前に
お客さんが唐突に「日本三大タンバリン知ってる?」と聞いてきた。
皆さんは知っていますか?
いきなり質問されて何のこっちゃ????だったけど
まぁ一応ロックバーだし、俺の知ってる三大タンバリンを答えると
「凄ぇ~即答だぁ、さすがロックバーのマスター」などと持ち上げられたけど
全然嬉しくないような・・・・・・・
っつうか4番目5番目のタンバリンって在るのかよ。
ネットで三大タンバリンと検索するとちゃんと出てくるらしい(笑)
だからコレ以外に無いだろうにタンバリンはよ!!








バカバカしいけど一応回答

黒いタンバリン
赤いタンバリン
1000のタンバリン







  1. 2016/04/14(木) 23:05:18|
  2. 芸能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸能41 河合奈保子伝説

何やら巷では河合奈保子の写真を待受画面にすると
金運がアップと噂らしい(ホントか)

昨日お客さんと会話中に、明日はばんえい競馬で勝負じゃっと
俺が話すと、そのお客さんが俺に言う「それならとっておきの話がある」と

さっき行きつけのスナックで飲んでいると、他のお客さんがママに
「河合奈保子の着物の写真を待受画面にすると金運がアップするよ」と
ママに言っていて、ママがすぐに画像を検索して面白い半分に待受画面に
したそうな。
20160229111649698.jpg

すると間もなくしてお店の電話が鳴り、電話にママが出ると
相手は店にツケを数十万残したまま、十数年音信不通になっていた
お客さんだったらしい。
そしてツケを返しに来たのを目撃したらしい。

そこでばんえいで勝負と言っていた俺に、即効性が有るから
待受にしろと言っている。

良し河合奈保子で勝負するぜと着物画像を携帯にイン。
どうだコレでウハウハだぜ。
まぁまだ疑わしいので御遊び金額を買ってみた。
20160229111649ec0.jpg





・・・・・・・・・・・・俺・・・・・死亡

皆様、効果はありません都市伝説です。







  1. 2016/02/29(月) 11:18:02|
  2. 芸能
  3. | トラックバック:0

芸能40 富良野Group「屋根」2016冬公演

富良野Groupの2016年冬公演が始ました。
まずは富良野演劇工房からスタート1月16日から1月24日までの日程
あ~ぁ、この「屋根」に限って言えば富良野で観たかったなぁ~
富良野の後は2月から3月末にかけて北は釧路、南は鹿児島まで
行ったり来たりで3月24日の札幌ので千秋楽なのだ。
こんな日程なので尚更一発目の富良野で観て、全国どさ回りを
経ての札幌千秋楽を観たかったな。
何故ならロックバンドのライブもそうだけど、ツアー中にどんどんと
その内容が進化していき、その完成形がファイナル千秋楽なので
最初と最後を観ると全く別物になっている場合もある。
2016012121213868d.jpg

さて今回の演目「屋根」でありますが、前回2009年からの7年ぶりの
再演でありますな。
この時は富良野に遠征して観たっけなぁ~
特攻機から見る南十字星のシーンが印象的で泣けるなぁ~
ってかさぁやっぱこの先生の作品暗いよなぁ
倉本先生は文明に麻痺してませんか?石油と水どっち大事ですか?
車と足どっち大事ですか?とか言うのは良いけれど、それを題材に
もっと明るい舞台を作れんもんかね?
大概の作品で自殺者出るからね、暗いんだっつうの先生様よ。
と、まぁ文句言いつつ毎回足を運んでいるのだが(笑)

今回7年ぶりなのでどのくらい脚本に手が加わって、作品が進化しているのかがみものだし、納谷真大が多分主役に復帰するのではと思うし。
この「屋根」って作品は納谷と森上さんの為に作られたって話もある位なのに
7年前の公演では昨今のSMAPの如くジャニーズ(富良野塾)を飛びだして
この舞台に立って居なかったからなぁ
でも数年前にジャニーさん(倉本先生)にごめんなさいして復帰(笑)
どんな演技を見せるやら。

[ざっくりあらすじ]
時は大正
富良野で開拓に勤しむ10人の子沢山貧乏家族
貧しくとも幸せな一家がありましたとさ

時は移り昭和18年
長男次男は勝ってくるぞ勇ましく出兵
翌年三男にも赤紙が来るものの、行きたくない、殺すのも嫌だ
死ぬのも嫌だと駄々をコネての挙げ句毒服自殺。
勝手に死ぬ位なら戦地で死んで靖国行けよ
どこでも居るな使えない甘ったれ三男は

戦争も終わり時代は豊かさを追い求める時代へと移って行くのだが
ココで先生お得意の自然破壊やら炭鉱閉山などの話を詰め込み
いつの時代にもいる馬鹿息子が借金抱えて家取られて
屋根の上で星空に死んだ息子の幽霊が語りかけてくる
そんで本当の幸せとはなんぞや?と観ている者に問いかける
作品なのである。
一言で言えば倉本先生の理想論の詰まった、昔は良かった的な
ある意味倉本先生の代表作品なのである(笑)

お涙頂戴場面がウザい位続く所とか、くだらん笑いの場面とかの
脚本変更してくれていたら良いのだがどうだろうか?

と言うワケで俺は3月24日千秋楽に行くので、皆さんも行きませんか?
演劇は敷居が高いなどと思いの方一緒にいきましょう
きっとはまりますよ、連絡下さいな。




  1. 2016/01/21(木) 21:22:13|
  2. 芸能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芸能39  富良野塾「ノクターン」観劇報告

25日に富良野塾「ノクターン」を観劇しに美唄に遠征。
まぁ前みたく富良野まで行っていた事からすれば遠征って
程の距離じゃないけどね。

今回のノクターンは、またしても倉本先生お得意の暗いヤツ。
たまには明るくハッピーな劇も観たいんだけどなぁ~
どうにかならんもんかね
設定は震災後の、原発事故避難区域のとある一軒家を舞台と
した物語で、珍しくファンタジー要素も入っていた。
じっくり考える間もあり、思ってた以上の物であった。

舞台終了後、楽屋にお邪魔して主演の納谷やら演技の水津やら
可愛いりきちゃんとお話をして札幌に帰って来たのであった。

2月からは全国公演がスタートするので、近くに来たならば
是非行くべし
詳しくはこちら↓↓↓富良野塾HP
http://www.kuramotoso.jp/ver02/furano-group.php

オマケ

さあさあ今年も近づいて来ました、24再発見の旅。
ざっくり説明すると札幌の北24界隈の飲み屋街のはしご酒だ。
今回で第4回目となる超楽しいイベントだ。
楽し過ぎて過去三回ともズボンを脱いでしまった俺なのだ。
普段人前でズボンを脱ぐ様な俺じゃないのに・・・・・
その俺が脱いじゃう位楽しいイベントって事なのだ。
2月18日です、行きたい方の連絡待ってます。
20150128195759881.jpg
  1. 2015/01/28(水) 19:58:39|
  2. 芸能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

JUNKマスター

Author:JUNKマスター
BGMは日本のロックのみ!

ジャパンロック好きはここへ集まれ☆


JUNK YARDホームページ

札幌市中央区南5条西6丁目五條新町

最新記事

カテゴリ

名曲100選 (20)
おすすめLIVE (59)
おすすめCD (2)
芸能 (48)
プロレス (45)
ライジングサンロックフェス (15)
ロックな酒ボトル (8)
ばんえい競馬通信 (14)
バンド (267)
藍坊主 (1)
THE Accidents (1)
アシガルユース (1)
ACIDMAN (1)
ASPARAGAS (1)
easten youth (1)
イナズマ戦隊 (3)
犬神サーカス團 (1)
嘘つきバービー (1)
ELLEGARDEN (2)
OKAMOTO'S (1)
ギターウルフ (4)
ガガガSP (1)
キノコホテル (1)
the cabs (3)
CARRIE (1)
キングブラザース (1)
Crypt City (1)
THE GROOVERS (2)
黒猫チェルシー (3)
クリトリック・リス (1)
グットモーニングアメリカ (3)
GLORY HILL (1)
毛皮のマリーズ (1)
ケムリ (1)
KENZI&THE TRIPS (2)
ゴーイングアンダーグランド (8)
THE50回転ズ (3)
GHOSTY BLOW (1)
THE COLLECTORS (3)
斎藤和義 (2)
SERVICE ACE (1)
サンハウス (1)
椎名林檎 (1)
Jake stone garage (1)
SION (2)
ZIGGY (1)
シーナ&ロケッツ (3)
cinema staff (2)
N'夙川BOYS (1)
[Champagne] (1)
JUN SKY WALKER(S) (2)
ジン (1)
Scars Borough (12)
スコットマーフィー (1)
スタークラブ (1)
THE STALIN (2)
ストリートビーツ (2)
ストレイテナー (1)
SPARKS GO GO (1)
SRAM (3)
セカイイチ (3)
太陽族 (4)
鉄鎚 (1)
チャットモンチー (1)
つしまみれ (1)
椿屋四重奏 (2)
10-FEET (3)
detroit7 (1)
戸川純 (0)
怒髪天 (5)
TRASH AUDIO (2)
Drop's (1)
中尾諭介 In the Soup (4)
NICO Touches the walls (1)
THE NEATBEATS (1)
ニューロティカ (2)
HARRY  (1)
バイオレントイズサバンナ (1)
BYEE THE ROUND (1)
Birthday (13)
THE BACK HORN (1)
Buffalo’3 (1)
PAN (0)
BAND-MAID (1)
VAMPS (4)
ピギーバンクス (1)
髭(HiGE (1)
ヒダカトオル (1)
FiLP (1)
pillows (9)
FUZZY CONTROL (1)
フジファブリック (1)
THE PRIVATES (1)
THE PREDATORS (1)
BUGY CRAXONE (2)
BlieAN (1)
フラワーカンパニーズ (1)
POTSHOT (1)
THE BOYS&GIRLS (2)
THE BAWDIES (1)
THE BOHEMIANS (3)
MACKSHOW (1)
MAD3 (1)
マルコシアスバンプ (1)
水木一郎 (2)
THE MINKS (1)
ムラマサ (1)
武藤昭平 (1)
MO'SOME TONEBENDER (2)
THE MODS (6)
MONOBRIGHT (1)
ユニコーン (7)
吉井和哉 (2)
laufen (2)
RADWIMPS (1)
riverロマンチック日本代表 (2)
凜として時雨 (2)
LET IT ROCK$ (1)
レディオキャロライン (1)
ROCK'A'TRENCH (1)
ロジスティクス (1)
ロックンロールジプシーズ (2)
RODEO CARBURETTOR (2)
ONE OK ROCK (1)
ONE Nights (14)
その他 (1)
本日のリクエスト (3)
アルバム100選 (0)
未分類 (11)
お知らせ (2)
ツバキアンナ (6)
ギター改造計画 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR